介護の仕事をしてみたい、もしくはほんの少しでも興味があるという方。「介護職員初任者研修(旧ホームヘルパー2級)」」を取得しませんか?介護の求人では「実務未経験者大歓迎だけど、ホームヘルパー2級(今の介護職員初任者研修)所持者を求む!」といった求人が多く、資格がなければ相手すらしてもらえないのが現実。でも、逆を言えば、資格さえ持っていれば仕事にはありつけるので、介護の仕事に就く就かないは別にして、介護のお仕事にちょっとでも興味があれば、まずは資料請求の上で、資格取得の有無を考えられることをオススメします。

「介護職員初任者研修」とは、介護を行う上で、介護者に最低限必要な知識や技術、そしてそれを行う際の考え方の課程を身につけてもらい、基本的な介護業務を行うことができるようにすることを目的とした研修のこと。旧名称で言うところのホームヘルパー2級がこの介護職員初任者研修に該当します。(だからホームヘルパー2級を既に所持している方はそのまま介護職員初任者研修を名乗れますよ)

2013年4月1日にホームヘルパー2級から介護職員初任者研修という名称が変わりました。様々な福祉系の資格が混在する中で知識や技術の習得にバラつき・重複が生じたため、資格の習得経路を一元化しようとしてできたのが、今回の資格というわけです。

介護職員初任者研修は、研修時間は130時間の過程を全て受けていただいた上で、修了試験(筆記)を合格すれば、晴れて資格取得となります。学歴や実務要件といった受験資格はございません。また、130時間の中では、
・職務の理解:6時間
・介護における尊厳の保持・自立支援:9時間
・介護の基本:6時間
・介護・福祉サービスの理解と医療との連携:9時間
・介護におけるコミュニケーション技術:6時間
・老化の理解:6時間
・認知症の理解:6時間
・障害の理解:3時間
・こころとからだのしくみと生活支援技術:75時間
・振り返り:4時間
といったことをやるそうです。(厚生労働省より)ちなみに「生活支援技術」と書かれているものが実技科目で実には半分を占めることになります。さらには、演習前に基礎知識を確認する筆記試験、全科目終了後に修得状況を評価する筆記試験もあります。

ホームヘルパー2級との違い、筆記試験の回数が増えているのと、実技科目が42時間から75時間と大幅に増加していること。そして、ホームヘルパー2級で定められていた30時間の施設研修が廃止されたことに大きな特徴があるといえます。正直、トータルの研修時間こそ同じですが、筆記試験の回数の増加と実技増加によるスクーリング(提携する介護の学校に直接通うこと)の回数の増加のおかげで、資格取得の難易度は若干増したといえるでしょう。

もっとも、「筆記試験の回数が増えた。スクーリングによる実技の回数も増加した。資格取得そのものが面倒くさい」ということは、イコール「今、資格を取得しておけば、企業からの評価も得やすい」と言い換えることもできそうです。


介護の資格は通信教育と週末のスクーリングだけで資格を取得することも可能な上、一生ものですし、資格を取得したからとすぐに活用しなくてもいずれ何らかの形で仕事を探す場合にも使えるのが大きなウリといえます。実際に介護の仕事に就こうと思った場合、資格を持っていれば実務未経験の有無は問わないし、就業形態を選ぶことができる(この求人サイトの介護求人を見れば一目瞭然ですね)という点では、非常にコストパフォーマンスの高い資格といえるのではないでしょうか。

気になる費用ですが、安いところで45000円~60000円、高いところだと100000円前後といったところでしょうか。ただ、どのルートで資格を取得しても、価値は一緒なので、出来れば安く抑えたいですね。

シカトル」でしたら、介護職員初任者研修の通学・通信講座はもちろんのこと。人気の医療事務の講座や歯科助手といった仕事に就く上で、大きなプラスとなりえるような資格も、無料でまとめて資料請求が出来てしまいます。実際に研修を受ける受けないは別にして、まずは資料を見比べることが始めてみませんか。オススメですよ!

スポンサーリンク