「定年退職後はアルバイトでも仕事ないよ。本当に」とお嘆きのアルバイトの同僚がいらっしゃいましたので、今日は定年退職後に仕事(正社員・アルバイト・パート問わず)に就く方法を真面目に考えてみました。

まずは一般的なところから挙げると、以下のサイトを使うとよさそうです。
ハローワークインターネットサービス
全国シルバー人材センター事業協会

物流センターのピッキング作業とか、包装、梱包作業、スーパーの駐車場の係員とか店内の整理係といったお仕事が掲載されています。無料で登録できますし、お仕事も紹介してもらいやすいですから、このようなサイトの登録からはじめてみてもいいですね。

ちなみに当サイトの求人でオススメを挙げるならば、タクシーの運転手(正社員)の「株式会社国際興業大阪」、倉庫内作業スタッフ(正社員)の「日本商運株式会社 東淀川営業所」、新聞配達(アルバイト)の「朝日新聞 淡路販売所 ASA淡路」なんかが年齢を問わずに働けるのでオススメです。(宣伝っぽくてすみません)年齢問わずに働くことが出来ますよ。(募集をしていない場合もありますが・・・)

あとは、大阪淡路周辺エリアのような地方エリアの固定制シフトのコンビニとかを狙ってみてもいいかも。

特に固定制シフト・変動制シフト問わず、早朝や土日祝は人手不足なところが多いので、年齢が高い人でも入り込める余地がある場合があります。実際に地方のコンビニで深夜に働いている人がいましたし。

その場合には「タウンワーク」を活用するのがオススメです。単純に求人数が一番多いため、自分の希望が叶う求人を見つけやすいためです。

もちろん時の運もありますが、探す価値はあるでしょう。その際のポイントは「早朝及び土日祝の時間帯をピンポイントで狙うこと!」です。人気の無さそうな時間帯を狙って、応募をかけるのがコツですね。

最後は介護のお仕事ですね。もっともこちらは当サイトの「【職種】介護・福祉・医療カテゴリー」の求人情報を見てもらえれば分かるのですが、ほぼ全ての求人が「実務経験不問だけど、介護職員初任者研修(旧ホームヘルパー2級)必須」となっております。

介護職員初任者研修(旧ホームヘルパー2級)は「シカトルの介護職員初任者研修(ホームヘルパー2級)講座」とかでも取得できますが、最初に5万円弱のお金を取られることになりますので、お金を払う余裕がある人と勉強する気のある人向けの方法といえますね。まずは資料請求して、内容を吟味してから受講するかどうかの選択をすることになりそうです。

でも、このご時勢。本当に定年退職者の仕事が無くて大変みたいですね。みんな仕事はしたいのだけど、貰い手があまりにも少ないようです。なかなか世の中、うまくいかないものですね。

当記事がほんの少しでもお役に立てればとは思います。

スポンサーリンク